Foreign eXchange

マージンコール / FX取引の基礎知識

マージンコールとは追証のこと。証拠金取引であるFX取引の場合、相場の変動などで証拠金の額が基準を下回った場合、追加の証拠金をFX取引業者に差し入れる必要がある。この証拠金の追加差し入れのことを「マージンコール」と呼びます。取引業者によっては追加証拠金(追証)と呼ばれることがあります。

FX比較ランキング



マージンコールとは

マージンコールは、FX取引において証拠金の額が不足した場合に、投資家に対して追加で証拠金を差し入れるようにというFX取引業者からされる要請のことです。

このマージンコールが行われた場合、追加の証拠金を差し入れなければ、FX取引業者の規定により、現在のポジションが強制的に決済されれます。これを「強制決済・強制ロスカット」と呼びます。

 

人気のFX取引業者


DMM.com証券公式ページ

DMM.com証券(DMMFX)

DMM.com証券のFXサービスはコストの安さが魅力です。米ドルの取引コスト(スプレッド)は片道0.3銭原則固定(手数料は無料)と非常に安くなっています。コスト重視の投資家に人気No1のFX取引業者です。
>>DMM.com証券(DMMFX)詳細情報