Foreign eXchange

日本円 | 外国通貨の特徴

日本円はJPYと表記される通貨です。多くの外為投資においては、私たちは「円」をベースに取引することになるので、「円と比べて米ドルは・・」というように、円と外貨との相対的な比較での取引がベースになることが多いと思います。さて、日本は輸出うを主とする経済構造です。そのため、原材料価格の上昇は経済にとって悪影響。また、米国・中国などの主要貿易相手国の景気が波及しやすいという特徴もあります。
歴史的にみても「超」低金利通貨としてしられており、キャリートレードなどの対象にもなりやすいです。

FX比較ランキング



日本円の特徴と為替レート変動の傾向

日本円の特徴や為替レートが変動する傾向について経済のファンダメンタルによる傾向と、最近の時事ニュースなどを絡めて解説します。

経済のファンダメンタル

日本経済は、原材料を輸入して加工したものを海外に輸出するという加工貿易が主となっています。

そのため、「原材料価格の高騰」「貿易相手国の景気悪化」時には収支が悪化することになり景気が悪化します。特に、主要相手国である「アメリカ」や「中国」などの景気が悪くなると日本で作ったものが売れなくなることから、日本の景気も悪くなります。
逆に、世界の景気がよくなり消費が拡大すると最も恩恵を受ける国の一つと言われています。

直近経済の動向と為替

日本円は、世界の主要通貨の中でも特に低金利通貨となっています。そのため、キャリートレード(低金利通貨で資金調達を行い、高金利通貨で運用する)の資金調達通貨として選ばれることもあります。

キャリートレードでは、円をまず借ります。その円を売って米ドルの債券などを買います。
円の調達金利(借り入れ金利)が1%で、米ドルの債券金利が5%なら、差額の4%の金利を得ることができます。

キャリートレードが活発になると、円売りドル(高金利通貨)買いとなるので、円高要因となります。キャリートレードの要因は低金利通貨と高金利通貨の金利差の拡大により活発化するので、日本以外の国の金利上昇が円高要因として強く作用しやすいです。
逆に、高金利通貨(たとえば豪ドルなど)との金利差が低下すると円安要因となりやすい傾向があると言い換えることもできます。

 

人気のFX取引業者


DMM.com証券公式ページ

DMM.com証券(DMMFX)

DMM.com証券のFXサービスはコストの安さが魅力です。米ドルの取引コスト(スプレッド)は片道0.3銭原則固定(手数料は無料)と非常に安くなっています。コスト重視の投資家に人気No1のFX取引業者です。
>>DMM.com証券(DMMFX)詳細情報