Foreign eXchange

為替の短期トレードならFXが最も優れた投資

為替レートの取引というのは世界のマーケット(市場)の中でも最大規模です。FXが普及したこともあって、多くの方が手軽に参加することができるようになっています。短期取引を否定する方も多いですが、リスクの大きさを理解した上で行う取引は決して悪いものではありません。為替の短期トレードにおいてはFXが最も手軽かつ有利な運用手段です。

FX比較ランキング



短期売買でこそ「コスト」を重視したい

投資や金融商品の購入・売買において「コスト(手数料)」というものは「確実に発生するのマイナスリターン」と言われます。
仮に手数料が1%であり、年に1回売買するとすれば、期待リターンから1%分の手数料はマイナスとなるわけです。

短期的、中長期的な観点の両方で見ても「コスト」は資産運用において悪なわけですが、特に売買回数が増える短期売買の場合は手数料が極めて大切です。

 

為替を取引しようとする場合「外為投資の比較」でも書いたとおり、外貨預金や外貨MMF、FXなどが挙げられます。
その比較においてコスト面で圧倒的にFXに軍配が上がります。

というよりも、外貨預金も外貨MMFも手数料が高すぎます。売買手数料もそうですが、金利部分でも多くの手数料抜いている状態です。こうした状態で短期売買をしても外貨預金の売り手である銀行が儲かるだけで投資家の大部分は儲かりません。そもそも為替市場は「ゼロサムゲーム」なわけですから、手数料を抜かれると考えると「マイナスサム」となります。
つまり、期待値ベースでマイナスになる投資となるのです。

 

そういった意味でFXは手数料となる為替スプレッドが米ドル、円の場合で0.01%のような水準になっているようなFXは短期売買との相性は極めて高いということができるでしょう。

ただし、FX業者といってもその手数料水準(コスト)にはある程度ばらつきがあります。FXの場合、保有コストよりも売買コストが中心となりますので、できるかぎりコストの安い業者を利用するようにするとよいでしょう。

参考:取引コストの安いFX取引業者を比較

 

人気のFX取引業者


DMM.com証券公式ページ

DMM.com証券(DMMFX)

DMM.com証券のFXサービスはコストの安さが魅力です。米ドルの取引コスト(スプレッド)は片道0.3銭原則固定(手数料は無料)と非常に安くなっています。コスト重視の投資家に人気No1のFX取引業者です。
>>DMM.com証券(DMMFX)詳細情報