FX比較ランキングFX(外国為替証拠金取引)Q&AFX取引に関するQ&A>スプレッドが広くなったり狭くなったりする理由はなぜですか

Foreign eXchange

スプレッドが広くなったり狭くなったりする理由はなぜですか?

FX取引をすると、売値と買値の差であるスプレッドが時折急に広くなったり狭くなったりします。こうした理由はなぜですか?

FX比較ランキング



回答:出来高の低下などが挙げられます。インターバンク市場でも同様のことが起こります。

為替取引は時間帯によって大きく出来高が変わってきます。出来高が多いのは「東京時間」「欧州時間」「ニューヨーク時間」の3時間帯ですが、これらの時間帯以外の時間帯は取引量が少なくなるのでどうしても買い手、売り手の数量が少なくなるので値段も広がりがちです。

株式投資においても出来高の少ない銘柄の板を見ると買いと売りの価格差が大きいことがありますがこれと同じことです。(関連:板情報の見方

また、為替レートに大きな影響を与えるような重要指標の発表前後のは売買が手控えられるのでスプレッドが広がりやすい傾向があります。

 

人気のFX取引業者


DMM.com証券公式ページ

DMM.com証券(DMMFX)

DMM.com証券のFXサービスはコストの安さが魅力です。米ドルの取引コスト(スプレッド)は片道0.3銭原則固定(手数料は無料)と非常に安くなっています。コスト重視の投資家に人気No1のFX取引業者です。
>>DMM.com証券(DMMFX)詳細情報