Foreign eXchange

FXの口座開設とその審査

FX取引は、取引をするにあたって(口座を開設するにあたって)審査が必要になります。これは、預けている証拠金の金額の数倍もの取引ができるというFX取引の性質上、リスクの理解度や資金的な面においての審査が必要なのです。

ただし、審査といっても大仰なものではなく、FX(為替取引)に関するリスクをちゃんと理解しているのか?といった程度です。

ここでは、そうしたFX取引・口座開設において行われる審査の内容などを分かりやすく解説していきます。

FX比較ランキング



FX取引における審査の内容

FX取引における口座開設審査は「FXに関する知識面」「資金面」の二つの面で行われるのが一般的です。

FXに関する知識面の審査

これは、FX取引に関するリスクを知っているかという点です。一般には、口座開設の際に、FX取引に関連する投資経験などが問われることになります。株式投資や信用取引、外貨預金などの外貨投資経験などが評価されます。
また、審査が行われる場合には、FX取引における基本的な理解度を聞くために、スワップやレバレッジなどに関する質問がされることがあります。
ただし、内容的には当サイトの基礎知識コーナーを読み込んでいただけていればまず問題ない程度のものです。

資金面での審査

この資金面については、FX取引に関して生じてしまうかもしれない損失について、担保できるだけの資力があるかどうかの審査となります。基本的には口座開設の際に書く、投資資産が参考にされたり職業が参考にされたりします。
ただし、基本的には大学生でも20歳を超えていれば特に問題なく審査に通過したという話を聞きますのであまり重要視されていないようです。

 

人気のFX取引業者


DMM.com証券公式ページ

DMM.com証券(DMMFX)

DMM.com証券のFXサービスはコストの安さが魅力です。米ドルの取引コスト(スプレッド)は片道0.3銭原則固定(手数料は無料)と非常に安くなっています。コスト重視の投資家に人気No1のFX取引業者です。
>>DMM.com証券(DMMFX)詳細情報