Foreign eXchange

FXにおける通貨ペアとは

FX取引では、通貨を売買する際通貨ペアを取引単位とします。通貨ペアとは、たとえば「米ドル・円」のように取引をする通貨同士のペアを指します。FX取引では、これらの通貨ペアの買い・売りを行うことでポジションを持つことができます。保有する通貨にかかわらずポジションが持てるFX取引ならでは考え方です。

FX比較ランキング



通貨ペアのしくみ

FX取引では、「ある通貨を買って対になる通貨を売る」という取引が基本になります。そのため、買う通貨と売る通貨の組み合わせのことを通貨ペアといいます。こうした仕組みはFX取引のメリットともいえます。これは、たとえば、外貨預金の場合、ドルを買うという場合、円を売ってドルを買うということしかできず、ユーロを買う場合も円を売ってユーロを買うという方法しかありません。

一方、FX取引の場合は、円しか持っていない状態でも、「ドルを売ってユーロを買う」といったようなポジションを持つことも可能になります。これができる理由はFX取引は「外国為替証拠金取引」と呼ばれる「証拠金取引」であるためで、実際に為替を直接売買するのではなく、建てた為替レートと決済した為替レートとの差額のみをやり取りする取引であるためです。

 

通貨ペアの表現方法と意味

通貨ペアは一般に下記のようにあらわされます。

・USD/JPY(米ドルと円の通貨ペア)
・EUR/JPY(ユーロと円の通貨ペア)
・AUD/JPY(オーストラリアドルと円の通貨ペア)
・NZD/JPY(ニュージーランドドルと円の通貨ペア)
・ZAR/JPY(南アフリカランドと円の通貨ペア)

といった具合です。上記は日本円が絡んでる通貨ペアですが、下記のように外国通貨間の通貨ペアも存在します。

・EUR/USD(ユーロ/米ドル)
・USD/GBP(米ドル/ポンド)
・AUD/USD(豪ドル/米ドル)

「円」が絡んでいる通貨ペアは分かりやすいです。ロング(買い)の場合、外貨預金や外貨MMFなどと同じ感覚に近いです。ショート(売り)の場合、株をやっている方なら信用取引の空売りと同じような意味になります。

円安になればロングは利益が出るし、円高になればショートが利益が出る形ですね。

 

しかし、FX取引の場合は「米ドル/ユーロ」といった通貨ペア取引もできます。
「米ドル/ユーロ」のロングという場合は、ユーロを売って米ドルを買うというFXトレードとなります。特に、ユーロと米ドルは世界的に見ても取引の大きい通貨なのでFXでも取引されることが多いです。

ただ、なれない間は原則として円が絡む通貨ペアでのFX取引をオススメします。

 

ちなみに、取引可能な通貨ペアは取引業者によって多少異なります。大手のFX取引業者だと「DMM.com証券 FX」が20ペアの取り扱いとなっているので多めです。

 

人気のFX取引業者


DMM.com証券公式ページ

DMM.com証券(DMMFX)

DMM.com証券のFXサービスはコストの安さが魅力です。米ドルの取引コスト(スプレッド)は片道0.3銭原則固定(手数料は無料)と非常に安くなっています。コスト重視の投資家に人気No1のFX取引業者です。
>>DMM.com証券(DMMFX)詳細情報