FX比較ランキングFX投資コラム>海外FXの注意点とリスク

Foreign eXchange

海外FXの注意点とリスク

日本におけるFXレバレッジ規制の影響を受けない「海外FX業者」を使う投資家の方が増えています。日本の場合レバレッジ規制によっていわゆるハイレバレッジの取引が行えなくなっていますが、日本の法令の影響を受けない海外FX業者を利用することでその規制を回避することができるとして人気を集めいてるそうです。
しかしながら、海外FXには日本国内のFX業者を利用するのとは異なるリスクがあります。

FX比較ランキング



レバレッジ規制の抜け道となった海外FX

日本では2010年8月よりFXのレバレッジ規制が開始されました(最大50倍まで)。さらに2011年8月以降は最大25倍への規制が行われました。これによって、それまで200倍などの高倍率が可能だったレバレッジが一斉に規制されました。
(参考:レバレッジ規制の内容と今後の流れについて教えてください

これを受けて脚光を浴びたのが海外FXと呼ばれるFXサービスです。FX取引は基本インターネットを使って行われているので、海外でサービスを提供しているFX業者を使えば、日本のレバレッジ規制の影響を受けることなく取引を行うことが可能となります。

しかしながら、海外FX業者を利用する場合には下記のような問題点やリスクがあります。安易にレバレッジ規制を逃れるために海外FXを使うというのは決して正しい選択ではない可能性があります。

通貨が外貨建てである

海外FXで人気が高いのはイギリスのFX業者です(レバレッジ規制が緩いため)。
現地(英国)のFX業者には日本語でのホームページ、取引環境を用意している業者も多数あります。

しかしながら、英国業者であるため証拠金は「英ポンド建て」となります。
もちろん、FXなので円との通貨ペアでの取引は可能なのですが、売買利益はすべてポンド建てとなるわけです。
FX取引では儲けたのに、ポンドが高くなってしまって、結局日本円に戻した時は損をするというケースもあるわけです。

海外FXを使う場合は、現地通貨の為替リスクと、FX取引による為替リスクの2つを負う必要があるという点を理解する必要があります。

 

保護などの仕組が完全ではない

日本の場合「信託保全の義務化」など、投資家保護の仕組みが整っているのに対して、海外FXの場合、それが確認できない場合があるということです。

記憶に新しい話として2011年に破綻したMFGlobalという海外FX業者は、破産時に顧客から預かっていた資産の内「数億ドル」の金額が行方不明となったことが明らかとなりました。
小さな悪徳FXなら話もわからないでもないですが、MFglobalは海外FX業者んの中でも「大手」と呼ばれる規模の会社であったことから米国では大きな動揺が広がりました。

 

また、日本の金融当局についても海外FXについては「無登録の海外所在業者と取引を行う場合は、資金の持ち逃げや資金が返還されないなどのトラブルに容易に巻き込まれるおそれがあり、十分ご注意ください」などと警告を出しています。

あと、抜け道はあるのかもしれませんが、金融商品取引法では、「日本の居住者のために又は日本の居住者を相手方として金融商品取引を業として行う場合は、原則として、金融商品取引業の登録が必要」となっています。違反者(業者)は処罰の対象となっています。

高いレバレッジを求めるという気持ちは分からなくもないですが、幸か不幸か日本で登録されているFX取引業者はそれだけ監視されていて安心というわけですから、個人的には海外FXを使うのではなく日本の正規登録されているFX取引業者を利用することをお勧めします。

 

人気のFX取引業者


DMM.com証券公式ページ

DMM.com証券(DMMFX)

DMM.com証券のFXサービスはコストの安さが魅力です。米ドルの取引コスト(スプレッド)は片道0.3銭原則固定(手数料は無料)と非常に安くなっています。コスト重視の投資家に人気No1のFX取引業者です。
>>DMM.com証券(DMMFX)詳細情報