Foreign eXchange

高金利通貨なら高金利で運用できる

日本においては歴史的な低金利が続いています。しかし、世界に目を向けてみると日本よりもはるかに高金利水準となっています。比較的安定しているといわれているオーストラリアドルなどは高金利通貨として知られ預金金利でも4%、5%といった国内では考えられないような金利水準となっています。当然外貨投資ではこのメリットを享受することができます。
特に日本は歴史的な低金利となっているので、外為投資をすることで、円で運用するよりも高い金利のリターンを得ることができます。

FX比較ランキング



通貨と金利について

金利というものは世界中で共通というものではありません。基本的に金利というものはそれぞれの国(通貨)ごとに異なっています。これらの金利はそれぞれの国の景気や財政状況、信用力などによって異なります。
一般に景気が良い国では金融引き締めのため、政策金利が引き上げられたり、資金需要の増大に伴い金利が高いです。逆に不景気な国では金融緩和政策がとられることから、政策金利が引き下げられたり、資金需要が少ないので金利が低くなります。

そのため、同じ時期でも金利はそれぞれの国々によって違っています。外貨投資のメリットとしては低金利の日本で資金を運よす売るのではなく、外貨で運用することで比較的高い金利収入を得ることができます。

金利が高いと言われているネットバンクでも「定期預金金利比較」を見てもらえば分かるとおり1%にも満たないような金利しかつきません。しかし、外貨投資の場合は諸外国の高い金利で運用することができます。高金利通貨としてしられるオーストラリアドルなどでは、数%の金利は当然のような水準です。
外貨投資のメリットはこうした高い金利で資金の運用ができると言う点が挙げられます。

 

金利は相対的なもの

その一方で外貨投資は高金利で必ずしも運用できるわけではありません。

日本では10年以上にわたって超低金利が続いていたので「金利なんてつかないもの」と思っている方も多いかもしれません。しかしながら、今後はある程度インフレになる(金利も上がる)と想定している方も多いです。

また、外国通貨が利下げを行うようなことがあれば相対的に外貨投資による金利メリットは小さくなります。

FX取引の場合、金利は「スワップ金利」といって金利差の交換を行います。
金利差が小さくなればなるほど外貨投資による金利メリットは小さくなると言えるでしょう。

 

人気のFX取引業者


DMM.com証券公式ページ

DMM.com証券(DMMFX)

DMM.com証券のFXサービスはコストの安さが魅力です。米ドルの取引コスト(スプレッド)は片道0.3銭原則固定(手数料は無料)と非常に安くなっています。コスト重視の投資家に人気No1のFX取引業者です。
>>DMM.com証券(DMMFX)詳細情報